サーバーを用意しないと始まらない!

レンタルサーバーと契約する

ホームページ作りというものは昔と比べると大幅に簡単になりました。そして、完成までの手順も手短になっていますが、独自ドメインを取得する事によってすぐにホームページが作成・公開できるわけではありません。作成・公開するのは、レンタルサーバーと契約する必要が生じます。そして、レンタルサーバーとの契約が済んだら、ようやく用意されているホームページ作成ツールなどを使用してホームページを作成する段階に入ることが出来ます。また、サーバーとの契約により、独自ドメインのメールアドレスも使い始める事が可能です。ただし、作成ツール(CMS)を使用しないとホームページを作れないわけではありません。覚えた基礎知識をいかして手書きのHTML・CSSファイルを作り、FTPソフトでサーバーにアップロードして公開する形もとれます。

レンタルサーバーとの契約は簡単で低料金

レンタルサーバーとの契約というものは、1990年代から2000年代前半あたりまでは基本的に書類でのやりとりが必要だったところがあります。そのため、サーバーを使い始めるまでにはある程度の時間が必要でしたが、2000年代半ばからは書類での申し込みが必要ないレンタルサーバーが増えていきました。そして、現在では大体のレンタルサーバーを即日で使い始める事が出来ます。なお、利用料金についても2000年代初頭あたりまでは月額利用料が1000円以上のレンタルサーバーが大半でした。しかし、2000年代半ばから大手レンタルサーバーの低料金戦略が成功したことにより、価格競争が起こるようになります。その結果、現在では月額利用料100円程度のハイスペックサーバーが当たり前のように存在します。