ネット上でホームページが作れる!

ブラウザを使ってサーバー上のCMSにログインする

インターネットの常時接続が普及していない頃のホームページ作成は、まずパソコンの中で必要なファイルをすべて作り、それらを一つずつサーバーにアップロードしていくというやり方が普通でした。しかし、常時接続が当たり前のように利用できる現在は、ブラウザを使ってサーバー上にあるCMSやブログにログインし、様々な設定を行うことでダイレクトにサーバー上のファイルを変更してホームページの作成ができるようになっています。
このやり方のメリットは、アップロードによるトラブルが起きない点です。パソコン上でホームページを作成する場合、ファイルをサーバーにアップロードしてみると文字化けしたり、ファイルが壊れてうまく動作しないということがありました。しかし、サーバー上で直接ホームページを作るやり方であれば、そういったトラブルを避けられるのです。

サーバー上のエディタでHTMLやCSSを書く方法も

では、ネット上でホームページを作成する具体的なやり方とはどのようなものでしょうか。たとえば、レンタルサーバーを利用する方法であれば、サーバーが提供しているCMSもしくはブログの自動インストール機能を使い、設置後にそれらのツールの管理画面にログインして設定を行って記事を投稿するという進め方になります。
レンタルブログのように最初からサーバーに設置されているツールを使う場合は、アカウントを取得したあとにログインして、設定を行い本文を投稿していくことになります。
また、サービスによってはウェブ上のエディタツールでHTMLとスタイルシートを書き、そのまま公開できるというものもあるので、自分にあったものを選ぶといいでしょう。

ホームページは多種多様です。ホームページ作成講座で作成方法を学べばある程度の事が出来るようになるので、仕事や趣味等の情報発信に大いに役立ちます。またネットなので世界とも繋がる事が出来ます。