ホームページの仕組みを知ろう!

ホームページはHTMLでできている

ホームページとはPCやスマートフォン等のブラウザで表示ができる、ネット上の雑誌や新聞のようなものです。HTMLと呼ばれるマークアップ言語でページのベースや枠組みを決め、そこに文章や画像等をはめ込んでいきます。HTMLを作るとなると一見複雑で何か特別な機械やソフトが必要と思うかもしれませんが、PCとメモ帳機能さえあればホームページは誰にでも作れてしまいます。そしてサーバーの準備さえ整えば、WEB上で公開をして全世界の人達に見てもらう事ができるのです。HTMLは基本さえ覚えてしまえば複雑な事は無く、テンプレートを使い回してたくさんのページを量産する事もできます。サーバーもレンタルサーバー等があるので、無料でホームページを公開する事も可能です。

CSSやJavaScriptでホームページを彩る

HTMLは文字や画像の表示といったように、ホームページの基本的な枠組みを作るために用います。単純なホームページを作るならHTMLだけでも構いませんが、装飾を施したり大量のページを管理したい場合にはCSSやJavaScriptが役立ちます。CSSはページの構成や背景の画像といった事を設定できるのですが、一つのファイルで設定する事でそれを全てのホームページに反映させる事も可能です。方法は簡単で例えば設定を書いたCSSファイルを一つ作り、それらをHTMLファイル内で呼び出すだけです。JavaScriptも同様にたくさんのページに反映させる事ができます。JavaScriptはCSSとは少し異なり、ホームページに動きを与えてくれる言語です。